レーシックの相場と価格による違い

レーシックとは、端的に言うと視力を回復させるための手術です。詳しく言うと、目にエキシマレーザーというものを当てることで角膜を矯正し、視力を上げるというものです。実際に私の知り合いも何人かレーシック手術を受けていますが、かなり好評のようです。朝にコンタクトをつけることのわずらわしさから解放されたり、メガネをつけないでいることが出来るため、かなりストレス軽減になるとのことでした。実際に手術を受ける費用としては、病院やプランによって違いがあるようです。大まかには安価なプランだと8万円、高いプランになると30万円弱というのが相場のようで、かなり開きがあります。何が違うのかというと、厚生労働省の認可を受けた技術であるとかレーザーで矯正した際の断面の仕上がりとか、使うレーザーや技術によって違いがあるようです。レーシックを受けた友人は「世界が変わった」とまで言っていました。興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

友達がレーシックを経験しました。

最近、レーシックって流行っていますよね。私の友達もつい最近経験したようです。その子はもともとすごく視力が悪くて、いつもコンタクトレンズをつけて生活していました。私は裸眼なのでコンタクトレンズのことはよく分からないのですが、一緒に旅行へ行くと、レンズをケアする液をいつも準備していて、さらに夜は眼鏡をかけて過ごしていたので、けっこう大変そうだなと思っていました。そんな彼女にこの間久しぶりに会ったら、レーシックを経験したらしく、まるで世界が変わった!と言っていました。とにかく視界が明るくなって生活しやすくなっただけでなく、コンタクトレンズや眼鏡などの煩わしさから開放されてイキイキしていました。最近はスポーツ選手などもよくしていますよね。手術は正直ちょっぴり怖いけど、ものすごく画期的な医療技術だなと思います。

レーシックがしたいと思うときは

超がつくほどのド近眼ともなると、メガネを4本持っていて、目的に応じて使い分けています。近くを見るのに度の強いメガネをかけていると、テキメンに頭が痛くなりますし、遠くを見るのに手元用のメガネをかけていると、必死になってみようとするので目が痛くなります。ピントを合わせたい場所によって、メガネを掛け替える手間というのはけっこうあり、それをしないと目に大きな負担をかけてしまいます。そんなときは、思いきってレーシックを受けて、どこを見るにも苦労がないようにしたいとつくづく思います。コンタクトレンズならどこにでも焦点が合いますが、目にかかる負担が大きいことを思うと、やはり裸眼でなんでも見える状態であるのがいいという結論に落ち着きます。長年にわたり、メガネやコンタクトレンズによって引き起こされる痛みを経験してくると、レーシックを決断したいという気持ちが強くなってくるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*