レーシックの手術をする医師のメガネ率

ある整形外科の院長は自らも手術を受けていると言われています。息子さんらが既に独立しているそうで、その人達に実際にしてもらったそうです。そして術前術後で宣伝をされています。これだけはっきりする広告はないでしょう。医師自身がそのことについて知っているのか気になるところだからです。それが結構分かるところがあります。医師といえばおそらく勉強をしたり、研究をしたり、細かい作業もたくさんされていると思います。視力が悪い人もいたと思います。レーシックの手術を行う医師にも視力が悪い人がいたと思います。あるクリニックにおいては、医師のメガネ率がゼロでした。聞いてみたところ、もともと目がいい先生もいれば、実際に手術で良くなった人もいるとのことです。メガネの先生がいるから問題があるわけではないですが、基準にはなるかもしれません。

レーシックを行った友人の話

僕の以前勤めていた会社にはある女子社員が居ました。その子は普段コンタクトで目が悪かったようです。もっともそのことを知らなかったのですが、ある時を境に急にメガネをかけるようになりました。良く見ると分かると思うのですが、実はメガネは正面から見ると近視用なのか遠視用なのかがすぐに分かります。彼女のメガネを見た時には後者だったので不思議そうに尋ねてみたところ、「最近レーシックを受けたんです」とのことでした。どうやらレーシックを受けるとしばらくの間は近くのものが逆に見えにくくなるので、専用のメガネを購入する必要があると言っておりました。もっとも、1か月もする頃にはその子はメガネを付けなくなったので、恐らくそれは一時的なものだったんだろうな、と今になって思います。その姿を見て僕も早くレーシックを受けられるようになりたいなと思いました。

弁護士を目指す友人がレーシックを受けました

僕の知り合いには、弁護士を目指している人がおります。その彼のトレードマークはちょっとおしゃれな感じのメガネ。それが印象的だったのですが、有るときその友人に再開した時には彼はメガネを付けていませんでした。その理由を聴いてみると「レーシックを受けたんだ」とのことでした。自分の周りでレーシックを受けたのはこれで二人目だな、と思いながらも今の状況について聞いてみました。すると「すっごく良い。やっぱり朝起きた時にメガネを探さなくていいのは嬉しい」と言っておりました。僕も実はとても目が悪いために朝はメガネを見つけないと時計の文字盤すら満足に見えません。そのことを良く知っているので、その友人がとてもうらやましく思えました。値段もかなりかかったと言っておりましたが、車一台買うのに比べれば安いので、今は受けるためのお金を僕もためております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*