レーシックの効果を継続させるためにすることは

レーシックは視力を回復させる手術ですが、そうだからといって術後は何も気を付けなくて良いというわけではないのです。術後は、個人差がありますが約1か月くらいで裸眼で正常で物が見えるようになってきますが、今までと同じような生活をするとなると少々問題があります。目は生きものですので、目に負担をかけるような今までの生活を見直す必要があるかと思います。つまり、レーシックを受けた後は、目にあまり負担をかけないように心掛ける必要があるということです。仕事で長時間パソコンを使う方は仕方がないにしても、帰宅したら夜遅くまでインターネットや布団に入っての電気を消したまま、携帯電話又はスマートフォンの画面を長時間見ることがないように心掛けたいところであります。普段から目に過度の負担を掛けないよう生活を維持できたら、レーシックの効果は維持できるものと思います。

後悔しないレーシックのクリニックの選び方

レーシックは、とても安全かつ早くて簡単ということが言われています。レーシックは安全性が高いというのは、きちんと麻酔をすることで痛みをほとんど感じずに終わることができるからです。また、とても短時間で手術が終わるため患者さんの負担を減らせることができるのも魅力の一つにあります。そんな画期的な手術を受けたいと考えた際に、一体どこを選らべば良いのか悩むかと思います。今では専門クリニックが山のようにありますし、インターネットで検索してもかなりのクリニックがヒットします。そこで、選び方のポイントを教えたいと思います。一番の選ぶポイントは、なんといっても手術を実際に行うドクターの実績だと思います。経験や知識が豊富なドクターがいるクリニックできちんと受けた方が良いと思います。手術の腕は、ドクターに全て掛かっているからです。ですから、クリニックの過去の症例の実績を予めリサーチしておくことが望ましいです。

レーシックの種類ラセックについて調べる

視力矯正のためのレーシック手術にも実はいろいろな種類があって、ラセックもそのひとつにあたります。術式の分類は、主にフラップの作り方の違いによります。このラセックでは、アルコールを使用して角膜の上皮層にだけフラップを作ります。簡単に言うと、アルコールで角膜の表面をふやけさせてフラップを作るイメージです。ラセックで作るフラップはとても薄いので、形態的に角膜が薄いために従来の伝統的なレーシック治療が適さない人にはメリットが大きい手術であると言えます。また、手術後にフラップの部分がずれにくいというのもラセックの特徴です。他に、フラップを作らないPRKという方式もあります。フラップを薄く作るラセックやPRKの術式は、激しい動きをするスポーツ選手や格闘家のような職業の人に向いているといえます。しかし、それぞれに長所と短所でありますので、専門クリニックの医師によく相談して洗濯することが何より大切なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*